糞便(読み)ふんべん(英語表記)feces

翻訳|feces

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「糞便」の解説

糞便
ふんべん
feces

肛門からの排出物。その内容は,食物の吸収されなかった部分,消化液の残りと剥離した消化管上皮細胞,腸内微生物の残骸,大腸粘膜からの排泄物で,鉄,水銀などの重金属を含む。また色は胆汁色素によって褐色調。臭気はインドール,スカトール硫化水素,メルカプタンの存在による。日本人の1日総量は平均 200g前後,水分は 70~80%。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「糞便」の解説

ふん‐べん【糞便】

〘名〙 消化吸収されずに肛門から出る食物のかす。くそ。大便。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「下水に糞便の臭なしと雖ども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android