コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘液 ねんえき mucus

翻訳|mucus

7件 の用語解説(粘液の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粘液
ねんえき
mucus

粘液腺あるいは漿液腺から分泌される,ねばねばした無色の液体の総称。おもにムチンという複合蛋白質から成り,粘膜の表面をおおって細胞を保護し,湿潤に保つ働きをもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねん‐えき【粘液】

ねばりけのある液体。
生物体内の粘液腺から分泌される液体。糖たんぱく質・無機塩類などを含み、体表の保護などの役をする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

粘液【ねんえき】

生物体の体表や体内に生成,保持される粘稠(ねんちゅう)な水溶液の総称。多くは特定の腺(粘液腺)の分泌物。粘液物質は一般にムチン(粘質)と総称され,糖タンパク質のほかコンドロイチン硫酸ヒアルロン酸ペクチン酸など牽(けん)糸性の高分子化合物を含み,そのぬるぬるした性状により当該体部の保護,潤滑,清掃に当たる。
→関連項目粘膜

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

粘液

 粘液細胞が産生分泌する粘稠な液.主成分は糖タンパク質

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ねんえき【粘液 mucus】

生体内でつくられる粘性の高い液体をいい,粘液腺mucous glandで生産,分泌される。これに対して,漿液(しようえき)腺でつくられる粘性の低い液体は漿液と呼ばれる環形動物軟体動物(ナメクジ),魚類(ウナギ),両生類には皮膚の表皮細胞の間に粘液腺として皮膚腺があり,粘液を分泌して体表をおおい,これを保護するものがある。一方,脊椎動物では,口腔,鼻腔,気道,食道,胃,腸,排出器官生殖器官など体内各部の内壁面が粘液におおわれ,湿潤に保たれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねんえき【粘液】

ねばりけのある液。ねばねばした液体。
粘液腺から分泌される粘性の物質。主成分は糖タンパク質。植物の葉や茎では捕虫に役立ち、ヒトでは、生体の運動を円滑にするはたらきがあり、消化器官では内容物の機械的消化や輸送、糞塊の形成、呼吸器官では異物の排泄などに関与している。 → 漿液しようえき

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粘液
ねんえき

生物が分泌する粘りの大きい液体の総称。動物、植物の上皮組織にある粘液腺(せん)より分泌される。粘液の化学的組成は生物によってさまざまであるが、一般的には多糖類とタンパク質、たとえばムコ多糖類やプロテオグリカンなどを主成分とするものが多い。魚類や両生類などの脊椎(せきつい)動物、環形動物や軟体動物など多くの無脊椎動物の表皮から分泌される粘液は表皮の保護に役だつといわれている。脊椎動物の種々の器官の内壁は粘液によって覆われ、粘膜とよばれる。粘液は上皮の保護以外にも種々の機能をもち、とくに濾過(ろか)摂食をする軟体動物や環形動物などでは、餌(えさ)となる粒子の捕捉(ほそく)と運搬に重要な役割を果たす。植物においても、ムシトリスミレやモウセンゴケのような食虫植物では、粘液は昆虫などをとらえる機能をもっている。サボテンやコンブには内部に粘液をためた、特別な形をした分泌組織があり、粘液管といわれる。細菌にも粘液状被膜をもつものがある。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の粘液の言及

【腺】より

…もっとも卵巣,精巣は,上記のように脊椎動物では性ホルモンを分泌する内分泌腺でもあるので,これら二つの意味をからませて生殖腺または性腺といわれることが多い。なお,植物にもみつ腺や粘液腺といった腺組織がある。【川島 誠一郎】
【ヒトの腺】
 腺では普通,腺細胞glandular cellが集団をなして分泌機能を営むが,腺細胞が単独に散在することもあり,この場合は細胞がすなわち1個の腺であるといえる。…

【体液】より

…中国や日本など東洋の医学で,昔から気や風の変化から疾患を〈病む気〉,つまり〈病気〉として説明してきたのとはきわめて対照的で,こうした体液病理学による医学的思考は,ルネサンス以後に解剖学が進歩して器官の病理学(固体病理学)と入れかわるまで,ヨーロッパで支配的だった。 古代ギリシア・ローマでヒッポクラテスやガレノスらにより取り上げられるのは,粘液phlegm,血液blood,黒胆汁melancholy(black bile),胆汁(黄胆汁choler,yellow bile)という4種の体液であり,これらの平衡と調和を保つことが健康の条件で,ある体液に過剰,不足,移動などが起これば,心身の変調や病態が生じると考えられた。例えば,癲癇(てんかん)の発作は,冷たい粘液が突然脈管内に流れ込んで血液を冷却,停滞させる場合に起こるが,粘液流が多量で濃厚なときには,血液を凝結させるから,直ちに死を招く。…

※「粘液」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粘液の関連キーワード葦田鶴のがせ嶺・峰ねえ根蓴菜のねねね〜ね〜φは壊れたね/PATH CONNECTED φ BROKE千葉県白井市根

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粘液の関連情報