コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨安遺跡 りんあんいせきLin-an

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨安遺跡
りんあんいせき
Lin-an

中国浙江省杭州にある新石器時代以降,漢代,六朝,宋代の遺跡。かつての南宋の郡で臨安といった。杭州市の北西隅には新石器時代の老和山遺跡があり,石斧,石刀,玉璧,黒陶盤,壺などの遺物が出土し,良渚鎮付近の諸遺跡と合せて,良渚鎮文化の中心となっている。 1938年に松本信広が漢末六朝初頭の 塼墓を調査したが,解放後は東晋の興寧2 (364) 年の墓が発見されたほか,老和山の南宋墓からは,在銘の漆器が発見され注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android