臨安(読み)りんあん

百科事典マイペディア「臨安」の解説

臨安【りんあん】

中国の古地名。いまの杭州南宋首都として臨安府が置かれた。ただし宋人の首として行在(あんざい)と呼び,これがなまってマルコ・ポーロはキンザイKhinzaiと記した。古くから貿易港としても繁栄。《夢梁録(むりょうろく)》など数種類の繁盛記がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「臨安」の解説

りんあん【臨安】

(臨時の都の意) 中国南宋の都。現在の浙江省杭州市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の臨安の言及

【南宋】より

…1127‐1279年間の中国王朝。金に滅ぼされた宋朝は,宗室の高宗によってまもなく再建されたが,金軍に追われて南遷し,都を杭州に定め臨安と称した。1141年(紹興11),宋・金の和議が成り,華北は金の領域と定まり,ここに南北朝時代が再現した。…

【夢粱録】より

…中国,南宋の都臨安(杭州)の都市繁盛記。20巻。…

※「臨安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android