コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨界蛋白光 リンカイタンパクコウ

1件 の用語解説(臨界蛋白光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りんかい‐たんぱくこう〔‐タンパククワウ〕【臨界×蛋白光】

液体と気体の臨界点近傍にある物質で見られる蛋白光。密度のゆらぎが異常に大きいため、外部から光を当てたときに幅広い波長域で散乱され、強い白色光を発する。1908年、ポーランド物理学者M=スモルコフスキーが理論的に解明した。臨界乳光

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone