コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自主的社会参加活動 じしゅてきしゃかいさんかかつどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自主的社会参加活動
じしゅてきしゃかいさんかかつどう

国民生活のインフォーマル部門で,同じ目的を持つ人々が自主的に参加し,集団で行なう活動の総称。 1983年に出された第9次国民生活審議会の総合政策部会報告で用いられた概念。インフォーマル部門とは,政府や市場以外の部門を指し,報告書はそこでの地域,家庭,グループ,団体によるあらゆる生活領域でのさまざまな活動実態に注目している。実際には,他でボランティア活動,奉仕活動,地域活動と呼ばれるものと重なる側面もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android