自力開作(読み)じりきかいさく

防府市歴史用語集の解説

自力開作

 地主などが自力で埋め立てた開作[かいさく]です。開作の後、5〜14年の間、土地を所有する権利が認められていました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android