自己保存(読み)ジコホゾン

大辞林 第三版の解説

じこほぞん【自己保存】

生物が自己の生命を維持・発展させようとすること。 「 -本能」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じこ‐ほぞん【自己保存】

〘名〙 生物が自分の生命を守り、発展させようとすること。また一般に、自分または自分の種族を維持、発展させようとすること。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の自己保存の言及

【有機体論】より

…〈有機体〉とは機能を有する体制のことなのである。 有機体は種々の特質をもっているが,いまその基本的なものをとりあげると,(1)自己形成,(2)自己保存,(3)自己増殖である。自己形成は,量的には成長であるが,外部から加工を受けて大きくなるのではなく,外部的なものを内部に摂取し同化して成長する。…

※「自己保存」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自己保存の関連情報