種族(読み)しゅぞく

日本大百科全書(ニッポニカ)「種族」の解説

種族
しゅぞく

人類を分類する際の一つの区分単位。人類の分類には種族のほか人種、民族、部族などさまざまあり、しばしば混乱して用いられている。人種は、皮膚、毛髪、目の色その他の遺伝的・身体的特徴によって分けたときの単位で、これに対して民族は、文化、社会の違いに基づいて、人間の後天的・非遺伝的特徴によって分けた場合の単位である。部族は一般に、一定の地域に住み、言語を共有し、同質的な文化をもち、ある程度の「われわれ意識」をもつ人々の集団をさす。種族については、文化的に分類された単位が大きい場合は民族、小さい場合は種族と分ける考え方、集団内の人々自身の主観的分類に基づくものを部族、研究者の客観的分類に基づくものを種族とする考え方などさまざまあり、明確に概念規定された用語となっていない。また、民族にせよ種族にせよ、人種とは分類基準が異なるとはいっても、実際には人種と重なる場合が多いが、種族の「種」という語が生物学の分類上の「種」と混同され、種族を人種による分類と誤解することが多く、そのため今日ではこの語はあまり用いられない。

[板橋作美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「種族」の解説

しゅ‐ぞく【種族/種属】

動物や植物で、同じ部類に属するもの。
同一言語・同質の文化を共有する比較的小さな民族的集団。部族。
天文学で、星を場所・年齢・HR(エッチアール)図などの違いにより分類したもの。散開星団で代表される銀河の部分に存在する若いが種族Ⅰ、球状星団で代表される銀河の中核部などに存在する古い星が種族Ⅱ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「種族」の解説

種族
しゅぞく
tribe; stock

人類を分類する単位の一つ。民族人種部族などとしばしば混同して用いられる。民族は文化や社会など後天的な要素による分類単位,人種は生物学的・自然人類学的分類単位として一応区別されるが,種族と部族とはほとんど同義であった。部族は政治的統合性が高く,部族成員自身による主観的分類単位であるのに対し,種族を文化の異同を基準とした研究者の客観的分類に基づく単位とする考え方もあるが,明確な定義とはなっていない。また人種と類似した言葉であるため誤用も多く,今日ではあまり用いられていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の種族の言及

【部族】より

…文化人類学(民族学)は民族誌的調査にあたって,その研究対象とする人間集団を指して恣意的に部族と呼びならわしてきた。よく似た語に種族,民族がある。それらは人種,言語,文化(生活様式と価値体系など)を共有する人間集団とされているが,部族はこの3者に加えて特定の地域に居住する人々という限定をおくのが普通である。…

※「種族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android