コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己指図手形 じこさしずてがた

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

自己指図手形

振出人と指図人が同じ手形のこと。または、自己受為替手形ともいう。自分で手形を振り出して名宛人を自分にし、相手に手形代金を支払ってもらうという取引手法。自己受けで手形を発行することで、相手会社が自分の会社に手形代金を支払わなければならなくなる。そのため、支払い期日を明確にするために利用されることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じこさしずてがた【自己指図手形】

振出人が自己を受取人として振り出した手形。自己受手形。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の自己指図手形の言及

【為替手形】より

…上記の3当事者は,同一人が兼ねることもできる。たとえば,振出人は,自己を支払人(引受人)として振り出し(自己あて手形),また自己を受取人として振り出す(自己受手形,自己指図手形)こともできる。 為替手形は,代金支払,信用取引,送金・取立ての用具として,広く世界各国で利用されている。…

※「自己指図手形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android