受取人(読み)ウケトリニン

大辞林 第三版の解説

うけとりにん【受取人】

郵便物・金品・書類などを受け取るべき人。 ⇔ 差出人
手形・小切手の振出人から交付を受け、その最初の所持人となる者。自ら支払いを受けることも、裏書きして他人に譲渡することもできる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うけとり‐にん【受取人】

〘名〙
書類、物件などの引き渡しを受けるべき人。〔逓信史要(1898)〕
振出人から手形、小切手を交付されて、第一の所持人となる者。
※立会略則(1871)〈渋沢栄一〉為替会社「多数の為替を取組し時は其宛る所の出張会社へ急郵便を以て報知し、受取人到着の節日限通本金渡し方取計ひ」 〔英和外交商業字彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受取人の関連情報