受取人(読み)うけとりにん

精選版 日本国語大辞典「受取人」の解説

うけとり‐にん【受取人】

〘名〙
① 書類、物件などの引き渡しを受けるべき人。〔逓信史要(1898)〕
② 振出人から手形小切手交付されて、第一の所持人となる者。
※立会略則(1871)〈渋沢栄一〉為替会社「多数の為替を取組し時は其宛る所の出張会社へ急郵便を以て報知し、受取人到着の節日限通本金渡し方取計ひ」 〔英和外交商業字彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「受取人」の解説

うけとり‐にん【受取人】

金・書類・物品などを受け取る人。
発行者から手形小切手の交付を受けた最初の所持者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android