コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己焼鈍効果 じこしょうどんこうか self-annealing effect

1件 の用語解説(自己焼鈍効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己焼鈍効果
じこしょうどんこうか
self-annealing effect

(1) 低融点金属には強加工により一時的に加工硬化しても数時間で再結晶により軟化するものがある。これを自己焼鈍という。純金属の融点絶対温度 TmK ,最低再結晶絶対温度 TcK とすると,Tc≒0.4Tm の関係がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自己焼鈍効果の関連キーワード低融点合金一時的金属性板金一時帰国食事性じん(蕁)麻疹プラズマジェット加工鑞付建築板金高融点金属材料

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone