自延年(読み)じえんねん

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐えんねん【自延年】

〘名〙 寺院芸能として僧侶・稚児の演じた延年に対し、一般大衆の演じた延年をいう。大衆舞(だいしゅまい)
※東大寺続要録(1281‐1300頃)拝堂篇「漸及夜隠之程、有延年之沙汰。〈略〉自延年者方出若音児舞畢」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の自延年の言及

【延年】より

…〈遊僧〉と呼ばれる存在がそれであって,室町初期の南都の延年風流などには,その活躍が顕著である。この遊僧の発生は鎌倉初期と考えられ,実態はあまり明らかではないが,〈道の遊僧〉とも呼ばれるとおり,延年芸についての専門芸人であって,記録の上では,遊僧による延年を〈道の延年〉,僧徒自身による延年を〈自延年〉などとして区別している。この遊僧は専門芸能者とはいえ,一応僧形であるが,延年にはまた,俗人の参加もあった。…

※「自延年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android