コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自我礼賛 じがらいさんLe Culte du moi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自我礼賛
じがらいさん
Le Culte du moi

フランスの小説家モーリス・バレスの長編小説。『蛮族の目の下で』 Sous l'œil des Barbares (1888) ,『自由の人』 Un homme libre (89) ,『ベレニスの庭』 Le Jardin de Bérénice (91) から成る3部作。その自我至上主義によって,象徴主義のもとで窒息状態にあった世紀末フランスの青年たちに大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自我礼賛の関連キーワード写実主義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android