コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自我礼賛 じがらいさんLe Culte du moi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自我礼賛
じがらいさん
Le Culte du moi

フランスの小説家モーリス・バレスの長編小説。『蛮族の目の下で』 Sous l'œil des Barbares (1888) ,『自由の人』 Un homme libre (89) ,『ベレニスの庭』 Le Jardin de Bérénice (91) から成る3部作。その自我至上主義によって,象徴主義のもとで窒息状態にあった世紀末フランスの青年たちに大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自我礼賛の関連キーワード写実主義

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android