コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然対流 シゼンタイリュウ

2件 の用語解説(自然対流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐たいりゅう〔‐タイリウ〕【自然対流】

人為的、機械的な外部からのはたらきかけなしに、熱源のみによって生じる対流自由対流。→強制対流

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の自然対流の言及

【対流】より

…また,扇風機によって強制的に起こされた空気の流れは,人の体の周囲を流れるときに熱を奪い,運び去る。これらはいずれも対流の例であるが,前者のように,温度差に伴う密度差で生ずる浮力が原因となる場合を自然対流,あるいは自由対流,後者のように機械的仕事などによって強制的に起こされるものを強制対流,さらに両者の影響をともに受けるものを複合対流,あるいは共存対流と呼んで区別することもある。かつては,浮力による自然対流のみを指して対流と呼んだが,現在では強制対流をも含めて対流と総称する。…

【伝熱】より

…すなわち,対流は流体内部の熱伝導と流体に保有されるエンタルピーの流れによる巨視的移動が同時に生ずる現象である。対流のうち,流れが温度差に付随する密度差によって生ずる浮力に基づくものを自然対流,機械的仕事などによって強制的に起こされるものを強制対流,両者の影響をともに受けるものを複合対流と呼んで区別することもある。対流中の熱の移動,あるいは拡散にとくに注目するとき,これを対流伝熱と呼び,さらに固体壁面と流れの間の熱授受を指すとき,これを熱伝達という。…

※「自然対流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自然対流の関連キーワードゲゼルシャフト機械的性質人為的能動働き掛け働き掛ける機械的風化働き事地塊の機械的作用機械的条線組織

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然対流の関連情報