コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然血族 シゼンケツゾク

大辞林 第三版の解説

しぜんけつぞく【自然血族】

〘法〙 血縁関係のある人々。 ↔ 法定血族

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の自然血族の言及

【血族】より

…民法は,このほか,養子縁組によって発生する親族をも血族になぞらえて同じ扱いをしている(727条)。前者を自然血族,後者を法定血族とよぶ。民法は,6親等までの直系・傍系の血族を親族とする(725条1号)。…

【親族】より

…親族関係は,多くは当事者間に一つ存在するだけであるが,重複して発生する場合もある。たとえば兄が弟を養子にした場合,弟は兄の二親等の傍系自然血族であるとともに一親等の直系の法定血族となり,また,夫が妻の連れ子を養子とした場合,夫とその子の間には一親等の姻族関係と一親等の直系の法定血族関係とが成立することになる。これを親族関係の重複あるいは競合という。…

※「自然血族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自然血族の関連キーワード親子(おやこ)直系・傍系近親結婚血族実方