コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血縁関係 けつえんかんけいblood relationship; consanguineous relationship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血縁関係
けつえんかんけい
blood relationship; consanguineous relationship

社会を形成する結合原理の一つで,地縁関係に対する。親子兄弟の関係はもとより,生理学的事実よりも,血がつながっているという観念的認識が重要で,それらが社会組織基本的構成原理として機能するときに,初めて社会学的意味をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けつえん‐かんけい〔‐クワンケイ〕【血縁関係】

親子・兄弟姉妹などの血のつながりを基礎としてつくられた社会的関係。養子などの擬制的関係を含むこともある。血族関係。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けつえんかんけい【血縁関係】

親子・兄弟姉妹を基本とし、その連鎖によってつながれる関係。養子などの擬制的関係をも含む場合がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

血縁関係の関連キーワード血合わせ・血合せスチュアート朝繋がり・繫がり特別養子縁組STR検査法血が繫がる縁に繫がる血が繋がる縁に繋がる原始共産制近親相姦中上健次血縁集団自然血族血合せ血続き繋がり血統書氏族門閥

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血縁関係の関連情報