血縁関係(読み)ケツエンカンケイ(英語表記)blood relationship; consanguineous relationship

デジタル大辞泉 「血縁関係」の意味・読み・例文・類語

けつえん‐かんけい〔‐クワンケイ〕【血縁関係】

親子兄弟姉妹などの血のつながりを基礎としてつくられた社会関係養子などの擬制的関係を含むこともある。血族関係。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「血縁関係」の意味・読み・例文・類語

けつえん‐かんけい‥クヮンケイ【血縁関係】

  1. 〘 名詞 〙 親子兄弟姉妹を基本とする血縁者の関係および養子などを含んだ関係。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「血縁関係」の意味・わかりやすい解説

血縁関係
けつえんかんけい
blood relationship; consanguineous relationship

社会を形成する結合原理一つで,地縁関係に対する。親子,兄弟の関係はもとより,生理学的事実よりも,血がつながっているという観念的認識が重要で,それらが社会組織の基本的構成原理として機能するときに,初めて社会学的意味をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android