血縁関係(読み)けつえんかんけい(英語表記)blood relationship; consanguineous relationship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「血縁関係」の解説

血縁関係
けつえんかんけい
blood relationship; consanguineous relationship

社会を形成する結合原理の一つで,地縁関係に対する。親子兄弟の関係はもとより,生理学的事実よりも,がつながっているという観念的認識が重要で,それらが社会組織の基本的構成原理として機能するときに,初めて社会学的意味をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「血縁関係」の解説

けつえん‐かんけい〔‐クワンケイ〕【血縁関係】

親子・兄弟姉妹などの血のつながりを基礎としてつくられた社会的関係。養子などの擬制的関係を含むこともある。血族関係。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「血縁関係」の解説

けつえん‐かんけい ‥クヮンケイ【血縁関係】

〘名〙 親子兄弟姉妹を基本とする血縁者の関係および養子などを含んだ関係。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android