コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自社船 じしゃせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自社船
じしゃせん

会社,個人などが所有する船舶。海運会社,事業会社などが所有しているのが通例である。オペレータとしての海運会社は普通自社船のほかに必要に応じて他社から傭船した船舶を合せて運航すると同時に,自社船を傭船に出す場合もある。事業会社はその運輸部門で一定規模の専用船 (タンカー鉱石石炭・自動車・チップ専用船など) を所有し,その製品や製品原料の輸送コストの低減に努める。なお,素材型の大手製造業では輸送部門を分離独立させて子会社化させている場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自社船の関連キーワード石原広一郎船舶所有者関西汽船運航業者静和工業

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自社船の関連情報