至信(読み)シシン

デジタル大辞泉の解説

し‐しん【至信】

[名・形動ナリ]この上もなくまごころがこもっていること。また、そのさま。
「道を三軍の陣に開かしめ給へと―に祈念し」〈太平記・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししん【至信】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
この上なく誠実な・こと(さま)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android