コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至清堂捨魚 しせいどう すてな

美術人名辞典の解説

至清堂捨魚

別号北栄子・三愛舎。通称守川重助。手跡指南を職とする。父砂樂斎も天明年間の狂歌師で赤良菅江と友なり。独立して判者となり、六樹園と交り五側の客員なり。明治初年歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

至清堂捨魚 しせいどう-すてな

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
面成砂楽斎(めんなり-しゃらくさい)の子。江戸下谷芋坂下で手跡指南を業とする。石川雅望(まさもち)と交遊し,五側の客員となる。狂歌集の版下も手がけた。明治の初め死去。姓は守川。通称は重助。別号に北栄子,三愛舎。著作に「鶯花集」「新撰百人一首」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

至清堂捨魚の関連キーワード至清堂波雄面成砂楽斎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android