至清堂捨魚(読み)しせいどう すてな

美術人名辞典の解説

至清堂捨魚

別号北栄子・三愛舎。通称守川重助。手跡指南を職とする。父砂樂斎も天明年間の狂歌師で赤良菅江と友なり。独立して判者となり、六樹園と交り五側の客員なり。明治初年歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

至清堂捨魚 しせいどう-すてな

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
面成砂楽斎(めんなり-しゃらくさい)の子。江戸下谷芋坂下で手跡指南を業とする。石川雅望(まさもち)と交遊し,五側の客員となる。狂歌集の版下も手がけた。明治の初め死去。姓は守川。通称は重助。別号に北栄子,三愛舎。著作に「鶯花集」「新撰百人一首」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android