コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌強直症 ぜつきょうちょくしょうankyloglossia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌強直症
ぜつきょうちょくしょう
ankyloglossia

舌小帯短縮症,舌癒着症ともいう。舌の下面中央部から口腔底へ移行する舌小帯というひだが先天的に短いか,舌の先端付近に付着しているため,舌運動が制限されるものをいう。発音,咀しゃく,嚥下が阻害される。普通,加齢とともに舌小帯が伸長するが,重度の場合は手術により舌小帯を切断し延長する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android