コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌小帯短縮症 ぜつしょうたいたんしゅくしょうTongue-Tie

翻訳|Tongue-Tie

家庭医学館の解説

ぜつしょうたいたんしゅくしょう【舌小帯短縮症 Tongue-Tie】

[どんな病気か]
 舌の裏側に付着しているひだが短いために、舌が前に出なかったり、出ても舌がハート型になります。
 以前は、哺乳(ほにゅう)に関係するので切除するようにいわれていましたが、哺乳障害や発音に関係することはまれです。
[治療]
 哺乳障害が高度であったり、ラ行の発音が悪かったりするときに、全身麻酔下で、手術をします。
 舌小帯を横に切開し、縦に縫合して舌小帯を延長します。ただ、手術が必要になることはまれです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

舌小帯短縮症の関連キーワード舌小帯癒着症構音障害舌強直症

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舌小帯短縮症の関連情報