舌小帯短縮症(読み)ぜつしょうたいたんしゅくしょう(英語表記)Tongue-Tie

翻訳|tongue-tie

家庭医学館の解説

ぜつしょうたいたんしゅくしょう【舌小帯短縮症 Tongue-Tie】

[どんな病気か]
 舌の裏側に付着しているひだが短いために、舌が前に出なかったり、出ても舌がハート型になります。
 以前は、哺乳(ほにゅう)に関係するので切除するようにいわれていましたが、哺乳障害や発音に関係することはまれです。
[治療]
 哺乳障害が高度であったり、ラ行の発音が悪かったりするときに、全身麻酔下で、手術をします。
 舌小帯を横に切開し、縦に縫合して舌小帯を延長します。ただ、手術が必要になることはまれです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android