コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌小帯短縮症 ぜつしょうたいたんしゅくしょうTongue-Tie

翻訳|Tongue-Tie

家庭医学館の解説

ぜつしょうたいたんしゅくしょう【舌小帯短縮症 Tongue-Tie】

[どんな病気か]
 舌の裏側に付着しているひだが短いために、舌が前に出なかったり、出ても舌がハート型になります。
 以前は、哺乳(ほにゅう)に関係するので切除するようにいわれていましたが、哺乳障害や発音に関係することはまれです。
[治療]
 哺乳障害が高度であったり、ラ行の発音が悪かったりするときに、全身麻酔下で、手術をします。
 舌小帯を横に切開し、縦に縫合して舌小帯を延長します。ただ、手術が必要になることはまれです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

舌小帯短縮症の関連キーワード舌小帯癒着症構音障害舌強直症

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舌小帯短縮症の関連情報