舌小帯短縮症(読み)ぜつしょうたいたんしゅくしょう(英語表記)Tongue-Tie

翻訳|tongue-tie

家庭医学館の解説

ぜつしょうたいたんしゅくしょう【舌小帯短縮症 Tongue-Tie】

[どんな病気か]
 舌の裏側に付着しているひだが短いために、舌が前に出なかったり、出ても舌がハート型になります。
 以前は、哺乳(ほにゅう)に関係するので切除するようにいわれていましたが、哺乳障害や発音に関係することはまれです。
[治療]
 哺乳障害が高度であったり、ラ行の発音が悪かったりするときに、全身麻酔下で、手術をします。
 舌小帯を横に切開し、縦に縫合して舌小帯を延長します。ただ、手術が必要になることはまれです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舌小帯短縮症の関連情報