コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌筋 ぜっきんlingual muscles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌筋
ぜっきん
lingual muscles

舌内部にあって舌の形を整えたり,運動を行わせるための筋肉の総称。すべて横紋筋であるが,他の筋と異なり,多数の脂肪細胞を含む疎性結合組織が入り込んで,筋肉を多くの小束に分けているため,舌は柔らかく,自由な運動を行うことができる。オトガイ舌筋,舌骨舌筋,茎突舌筋,上縦舌筋,下縦舌筋,横舌筋,垂直舌筋の7つと内舌筋があり,これらの運動はすべて舌下神経の舌枝によって行われる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜっきん【舌筋】

舌を構成する筋肉。横紋筋で構成され、舌下神経の支配をうける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の舌筋の言及

【舌】より

…【松井 正文】
[ヒトの舌]
 口腔の底部後方より突出している大きな高まりで,その表面は粘膜で覆われ,内部は,多くの脂肪細胞を含んだ結合組織により多くの小さな筋肉の束に分かれている。舌筋とよばれるこれらの筋肉は七つあり,すべて横紋筋で,それらが舌内部でいろいろな方向に走っているために,口腔内を自由に動かすことができる。そのために食物をとり込んだり,こねまぜるときに重要な働きをするとともに,声を出すときに,舌の位置をかえることによりいろいろな音を発することができる。…

※「舌筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

舌筋の関連情報