船を漕ぐ(読み)フネヲコグ

デジタル大辞泉の解説

船(ふね)を漕(こ)・ぐ

《船をこようすに似ているところから》座ったまま身体を前後に揺らして居眠りをする。「こっくりこっくり―・ぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふねをこぐ【船を漕ぐ】

〔その様子が舟をこぐのに似ることから〕
居眠りをする。 「座るとすぐ-・ぎ始めた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふね【船】 を 漕(こ)

居眠りをする。そのさまが、船をこぐのに似ているところからいう。
浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)下「人目を忍ぶ乗合に空居眠のふねこげば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

船を漕ぐの関連情報