コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶不稼働損失保険

1件 の用語解説(船舶不稼働損失保険の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

船舶不稼働損失保険

船舶が海難事故により稼働不能となった場合に、船舶所有者が当該船舶の不稼働期間中に被る経済的損失をてん補する保険を指します。この保険の引受額は、船舶の経常費、定期用船されている船舶については定期用船料、荷主の長期積荷保証を得ている船舶については運賃収入が基礎とされます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

世界大百科事典内の船舶不稼働損失保険の言及

【船舶保険】より

…その他,普通期間保険(期間は通常1年)では戦争地域の航行に際しての,水雷などによる爆発,拿捕(だほ)などの戦争危険については保険者免責とされているが,これらの戦争に伴う危険を塡補するのが戦争保険である。また海難事故により船舶が運航できなくなったときの海運会社の運賃,用船料の損失を塡補する船舶不稼働損失保険も船舶保険の一種である。普通期間保険以外にも1航海ごとに付保される航海保険がある。…

※「船舶不稼働損失保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone