コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶不稼働損失保険

1件 の用語解説(船舶不稼働損失保険の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

船舶不稼働損失保険

船舶が海難事故により稼働不能となった場合に、船舶所有者が当該船舶の不稼働期間中に被る経済的損失をてん補する保険を指します。この保険の引受額は、船舶の経常費、定期用船されている船舶については定期用船料、荷主の長期積荷保証を得ている船舶については運賃収入が基礎とされます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の船舶不稼働損失保険の言及

【船舶保険】より

…その他,普通期間保険(期間は通常1年)では戦争地域の航行に際しての,水雷などによる爆発,拿捕(だほ)などの戦争危険については保険者免責とされているが,これらの戦争に伴う危険を塡補するのが戦争保険である。また海難事故により船舶が運航できなくなったときの海運会社の運賃,用船料の損失を塡補する船舶不稼働損失保険も船舶保険の一種である。普通期間保険以外にも1航海ごとに付保される航海保険がある。…

※「船舶不稼働損失保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

船舶不稼働損失保険の関連キーワード海難海難審判共同海損交通事故運賃保険海難証明書所得補償保険人工衛星保険船費保険暴噴制御費用保険

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone