船装・艤(読み)ふなよそい

精選版 日本国語大辞典の解説

ふな‐よそい ‥よそひ【船装・艤】

〘名〙
出船の準備。ふなもよい。ふなごしらえ。ふなよそおい。ふねよそい。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 船を飾りたて、舟遊びの準備をすること。ふねよそい。

ふな‐よそおい ‥よそほひ【船装・艤】

〘名〙 =ふなよそい(船装)①〔色葉字類抄(1177‐81)〕
信長記(1622)一上「山田の浦につかせ給ひ、御ふなよそほひを急れて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android