コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田 やまだ

32件 の用語解説(山田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山田
やまだ

福岡県中部,嘉麻市北東部の旧市域。遠賀川支流の山田川上流域にある。 1954年市制施行。 1955年猪位金村の一部を編入。 2006年稲築町,碓井町,嘉穂町と合体して嘉麻市となる。 1894年古河鉱業下山田鉱,1895年三菱鉱業上山田鉱が開鉱されてから炭鉱都市として急激に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

山田
やまだ

千葉県北東部,香取市南東部にある旧町域。 1954年府馬町 (1925年町制) と八都村,山倉村の2村が合体して成立。 2006年佐原市,栗源町,小見川町と合体して香取市となった。下総台地に位置し,古くからサツマイモラッカセイなどの畑作地帯で,花卉,ナシ栽培なども行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

山田
やまだ

宮崎県南西部,都城市西部の旧町域。都城盆地の北西部にある。 1952年町制。 2006年都城市,山之口町,高城町,高崎町と合体して都城市となった。江戸時代は都城支藩領。霧島山の東山麓を占め,火山灰台地が広がり大淀川の支流丸谷川が東流。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

山田
やまだ

富山県中部,富山市の西部に位置する旧村域。飛騨山地北部にあり,神通川の支流井田川の支流山田川に沿う。 1889年村制。 2005年富山市,大沢野町,大山町,八尾町,婦中町,細入村と合体して富山市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やま‐だ【山田】

山中にある田。

やまだ【山田】[地名]

福岡県中部にあった市。遠賀(おんが)川上流域にあり、筑豊炭田の炭鉱町として栄えた。閉山後は酪農などが行われた。平成18年(2006)3月、稲築町・碓井(うすい)町・嘉穂町と合併して嘉麻市となる。→嘉麻

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山田【やまだ】

三重県(伊勢国)の地名。現在の伊勢市中心部にあり,伊勢神宮の内宮の鳥居前を宇治,外宮(げぐう)の鳥居前を山田と呼んだ。室町時代から伊勢御師(おし)による伊勢信仰の広がりによって外宮の門前市が発展したが,市の指導権をめぐって山田神人(じにん)と神役人の地下人(じげにん)との間に争いが生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やまだ【山田】

伊勢神宮外宮鎮座地,またその鳥居前町。現在,内宮の鳥居前町宇治とともに三重県伊勢市の中心部。《止由気(とゆけ)宮儀式帳》《延喜式》は外宮の所在地を度会(わたらい)郡沼木(ぬき)郷山田原(やまだのはら)とし,12世紀には山田村,あるいは山田郷としても現れる。1181年(養和1)には熊野山衆徒が宇治・山田を侵略,民家を破壊した事件が生じている。山田が外宮の門前市として発展するのは室町時代からで,御師(おし)による伊勢信仰の広がりと参宮者(道者)の増加による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまだ【山田】

山にある田。山間の田。 ↔ 里田

やまだ【山田】

岩手県東部、下閉伊しもへい郡の町。陸中海岸の中央部で、漁業が盛ん。陸中海岸国立公園に属する。

やまだ【山田】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山田の言及

【伊勢[市]】より

…三重県南東部の市。1906年宇治山田町が市制,55年豊浜,北浜,城田,四郷の4村を編入して改称。人口10万2632(1995)。…

【伊勢商人】より

…中世の伊勢には東国に多数分布する伊勢大神宮領から送進される年貢物の集散や陸揚げを行う大湊など港津が発達し,また畿内と東国を結節する地理的条件に恵まれたため桑名のような自治都市の成立もみられ,多くの廻船業者,問屋が輩出した。安濃津(あのつ)(現,津市)も大神宮領からの年貢物の取扱い,さらには海外貿易港として発展し,山田の三日市・八日市には多数の市座商人や土倉がたむろし,活躍していた。これら商人の中には大湊の角屋氏のように海外貿易に進出するもの,後北条氏の城下町小田原に進出して住みつくもの,さらには遠く会津若松など東国に行商を行うものも現れた。…

【伊勢国】より

…桑名,員弁(いなべ),朝明(あさけ),三重,鈴鹿,河曲(かわわ),奄芸(あむぎ∥あんへ),安濃,壱志(いちし),飯高,多気(たけ),飯野,度会(わたらい)の13郡を管する。伊勢神宮は,垂仁天皇の世に倭姫命が五十鈴川上に天照大神の斎宮をたてたのが内宮のはじまり,雄略天皇の世に豊受大神を山田原にまつったのが外宮のはじまりとされる。桑名郡多度町の多度神社は,鉄工業の神として古来尊崇され,788年(延暦7)の〈神宮寺伽藍縁起幷資財帳〉がある。…

※「山田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山田の関連キーワード山内山岡山崎江木山下志野知里山名山室山脇

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山田の関連情報