コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出船 シュッセン

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐せん【出船】

[名](スル)船がを出ること。ふなで。でふね。

で‐ふね【出船】

《「でぶね」とも》が港を出ること。また、港を出てゆく船。⇔入り船

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっせん【出船】

( 名 ) スル
船が港を出ること。でふね。 「一時碇泊して直に-する乎/浮城物語 竜渓

でふね【出船】

〔「でぶね」とも〕
船が港を出て行くこと。また、出て行く船。 ↔ 入り船

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出船の関連キーワード伎・偽・僞・儀・妓・宜・戯・戲・技・擬・欺・犠・犧・疑・祇・義・艤・蟻・誼・議・魏レコード(音を記録した物体)杉山 長谷夫入り船・入船大黒屋光太夫北山たけし時雨 音羽今治(市)藤原 義江北 廉太郎中山 晋平杉山長谷夫松原のぶえ水木ケイ内田吐夢係留ブイ浦賀船渠航海保険藤原義江時雨音羽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出船の関連情報