良導絡療法(読み)りょうどうらくりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良導絡療法
りょうどうらくりょうほう

電気針療法の一種で,大阪の医師中谷義雄が体系化したもので,医師の世界に針治療を普及させるのに大きな功績があった。中谷は,京都大学生理学教室 (笹川久吾教授) で研究中,偶然腎疾患の患者で,皮膚通電抵抗の低下した点 (つぼにほぼ相当し「良導点」と呼称) が中国古典の腎経という経絡上に並んで現れることを見出し,これを「良導絡」と呼んだ。そしてその後研究を続け,これをシステム化していった。治療は,針状電極と針管を一組にした電気針に,12V,200μAの直流電流を,約7秒間通電する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android