コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色留袖 イロトメソデ

デジタル大辞泉の解説

いろ‐とめそで【色留袖】

着物の地色を黒以外の色にした留袖。→留袖

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の色留袖の言及

【留袖】より

…ひとこしちりめんに染めや刺繡,箔,絞りなどで松竹梅,鶴亀などの吉祥模様をあしらった裾絵羽模様の長着に,染めの陽紋(ひなたもん)の五つ紋付,裏にも同じ模様をつける共八掛(ともはつかけ)とする。黒地を黒留袖,他の地色のものを色留袖とよび,色留袖は未婚女性の礼装用としても用いる。既婚女性の礼装であった江戸褄模様が,裾をひく着装からお端折(はしより)をする着方へと変わったために,上前に重点がおかれた柄付けに移行した。…

※「色留袖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

色留袖の関連キーワード訪問着黒留袖江戸褄紋付礼装和服

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android