コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留袖 とめそで

7件 の用語解説(留袖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

留袖
とめそで

元来,小袖と同義で,腕を通す部分だけを残して,袖丈いっぱいに袖付けをした袖 (付け詰め袖,脇塞〈わきふさぎ〉小袖ともいった) およびその小袖をいう。江戸時代の女性は成人すると振袖の振りを縫合せて付け詰めにしたことからこの名が起ったと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とめ‐そで【留袖】

既婚女性の正装に用いる黒地五つ紋江戸褄(えどづま)模様の着物。地色が色物の場合は色留袖という。本来は、長い振袖の丈を結婚後に詰めて短くした。
男物和服で、袖付けを全部縫いふさいだ袖。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

留袖【とめそで】

振袖に対し,袖丈が60cm前後の短い袖のことをいったが,現在ではほとんど江戸褄(えどづま)の紋付の着物をいい,礼装用とされる。地色が黒の黒留袖と,色ものの色留袖がある。
→関連項目江戸褄前帯礼服

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本文化いろは事典の解説

留袖

[女性用] 既婚女性の着用する中では、最も格式の高い着物で、振袖の袖を落としたものを留袖とよびます。全体が黒のものを黒留袖、色で染めてあるものを色留袖と言 い、身内の結婚式に出席する際などに着用します。黒留袖は既婚者のみの着用になりますが、色留袖は未婚者でも着用できます。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とめそで【留袖】

既婚女性の礼装用着物。ひとこしちりめんに染めや刺繡,箔,絞りなどで松竹梅,鶴亀などの吉祥模様をあしらった裾絵羽模様の長着に,染めの陽紋(ひなたもん)の五つ紋付,裏にも同じ模様をつける共八掛(ともはつかけ)とする。黒地を黒留袖,他の地色のものを色留袖とよび,色留袖は未婚女性の礼装用としても用いる。既婚女性の礼装であった江戸褄模様が,裾をひく着装からお端折(はしより)をする着方へと変わったために,上前に重点がおかれた柄付けに移行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とめそで【留袖】

既婚女性が礼装に用いる、五つ紋・裾模様の着物。普通は黒地であるが、色染めのものもある。
振袖に対して、普通の丈で、脇を縫いふさいだ、振りのない袖。また、その袖をつけた着物。近世後期以降、既婚の女性が用いた。のちには八つ口を明けて振りをつけるようになった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

留袖
とめそで

振袖の袖丈の長いのを詰めて短くした袖のこと、また留袖の長着をさす。留袖の長着は黒留袖五つ紋付江戸褄(えどづま)模様の無垢(むく)のことで、既婚女性の礼装となっている。生地(きじ)は縮緬(ちりめん)を用い、白羽二重(はぶたえ)の下着を重ねて袋帯を締める。長襦袢(じゅばん)、半衿(はんえり)、帯揚は白を用い、帯締は白の丸裄(まるぐけ)、または白に金・銀をあしらった組紐(くみひも)を用いる。宮中においては既婚者でも黒地は用いず、色留袖を正装としている。民間では色留袖は、年齢の高い未婚者の正装、また既婚者の場合は身内以外の者の結婚式、披露宴の際などに用いられる。江戸中期までの小袖には、八つ口(振り)、身八つ口がなく、これを脇(わき)ふさぎ、脇詰め小袖と称した。しかし幼児の着物は体温を内に込めないように八つ口をあけ、これを脇明(わきあけ)小袖といった。女性が18歳の元服を迎えると振袖の丈を詰めて、袖丈いっぱいを身頃(みごろ)につけて仕立て直したことから留袖の名がおこった。江戸末期になると、帯幅が広く、一般に袖丈も長くなったので、年齢にかかわりなく振りのある形態になった。したがって袖型からみた留袖と振袖の違いは、袖丈の長短だけとなっている。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の留袖の言及

【江戸褄】より

…これを大江戸褄,江戸褄後がかりと呼んだ。模様の変化にしたがって現在では留袖と名称が変わり,本来の江戸褄模様は,芸者の座敷着としてわずかに残る。小袖留袖【山下 悦子】。…

※「留袖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

留袖の関連キーワード一越縮緬鶉縮緬江戸褄御召縮緬縞縮緬中振袖縮緬紙手絡綿縮緬絽縮緬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

留袖の関連情報