コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芒蘭 ノギラン

デジタル大辞泉の解説

のぎ‐らん【××蘭】

ユリ科の多年草草原に生え、高さ30~45センチ。放射状に出て、広線形。夏、葉の間から花茎を伸ばし、頂に淡黄赤色の花を総状につける。きつねのお。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のぎらん【芒蘭】

ユリ科の多年草。山地の草原に自生。葉は披針形で、根茎から放射状に広がって出る。夏、高さ20~40センチメートルの花茎を出し、淡黄緑色の小花を総状に密生。キツネノオ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

芒蘭 (ノギラン)

学名:Metanarthecium luteo‐viride
植物。ユリ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

芒蘭の関連キーワード披針形自生小花山地根茎密生

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android