葉身(読み)ようしん(英語表記)lamina; leaf blade

  • ようしん エフ‥
  • ようしん〔エフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉片ともいう。葉の平らな部分をさしていう。完全葉と称されるものは身,葉柄托葉から成る。葉柄が発達しなかったり,托葉が欠けるか,あっても早期に脱落するものでは,葉が葉身だけから成ることもある。構造的には葉脈と葉肉とから成り,扁平で葉緑体に富み光を受けて同化作用を行うとともに,気孔に富んでいてよく蒸散の作用を司る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

葉の主要部分。表皮と葉肉と葉脈とから成り、一般に扁平な形をしている。葉片。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉の平面的な部分で、光合成を活発に行う。葉は、一般に葉身と葉柄(ようへい)と托葉(たくよう)とからなるが、かならずしもこの三者がそろっているとは限らない。このうち、葉身は葉が光合成器官であるという意味で、もっとも重要な部分である。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 葉の主要部で、普通、扁平に広がり、葉肉と葉脈とから成るもの。葉緑体を含み、光合成を行なう。一般に葉柄に支えられて茎につくが葉柄のないものもある。葉片。
※草のつるぎ(1973)〈野呂邦暢〉一「水で清められた葉身はかぐわしかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の葉身の言及

【葉】より

…小さい葉の例としてはウキクサの仲間の例や,コケシノブ科には0.5mmに達しないものもある。葉は葉柄と葉身からできており,托葉をもつものもある。葉柄petiole(stipe)は発達しないものもあるが,一見茎のようにしっかりしているものもある。…

※「葉身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉身の関連情報