コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉身 ようしんlamina; leaf blade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉身
ようしん
lamina; leaf blade

葉片ともいう。葉の平らな部分をさしていう。完全葉と称されるものは身,葉柄托葉から成る。葉柄が発達しなかったり,托葉が欠けるか,あっても早期に脱落するものでは,葉が葉身だけから成ることもある。構造的には葉脈葉肉とから成り,扁平で葉緑体に富み光を受けて同化作用を行うとともに,気孔に富んでいてよく蒸散の作用を司る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐しん〔エフ‐〕【葉身】

葉の主要部分。ふつう扁平な形をしているが、鱗片状や針状のものもある。葉片

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようしん【葉身】

葉の主要部分。表皮と葉肉と葉脈とから成り、一般に扁平な形をしている。葉片。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉身
ようしん

葉の平面的な部分で、光合成を活発に行う。葉は、一般に葉身と葉柄(ようへい)と托葉(たくよう)とからなるが、かならずしもこの三者がそろっているとは限らない。このうち、葉身は葉が光合成器官であるという意味で、もっとも重要な部分である。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の葉身の言及

【葉】より

…小さい葉の例としてはウキクサの仲間の例や,コケシノブ科には0.5mmに達しないものもある。葉は葉柄と葉身からできており,托葉をもつものもある。葉柄petiole(stipe)は発達しないものもあるが,一見茎のようにしっかりしているものもある。…

※「葉身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葉身の関連キーワードヤブレガサウラボシ(破れ傘裏星)斑点病(バミューダグラス)シケチシダ(湿気地羊歯)褐斑病(ブロムグラス)モウセンゴケ(毛氈苔)蛇紋病(ライグラス)クリハラン(栗葉蘭)サジラン(匙蘭)炭疽病(ノシバ)ハリガネワラビオヒルムシロナンタイシダコタニワタリウサギシダジョウザンヘリコニアヌリワラビ十文字羊歯トレビスフサシダ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android