コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥子括り ケシグクリ

デジタル大辞泉の解説

けし‐ぐくり【×芥子括り】

袖口を細く縫うこと。江戸時代、侠客などの間で粋な仕立てとされた。
袋物や巾着(きんちゃく)などの周囲につける、ひらひらしたへり。
歌舞伎の衣装で、袖・襟・裾などに縫い添えた5色のひらひらしたへり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けしぐくり【芥子括り】

着物の袖口を細くくけたもの。江戸時代、俠客や伊達者が用いた。けし。
袋物や巾着きんちやくなどの、口の周りのひらひらした縁。また、歌舞伎衣装の袖・襟・裾などに縫いそえた五色のひらひらした縁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

芥子括りの関連キーワード歌舞伎衣装江戸時代仕立て伊達者侠客巾着けし袋物五色袖口

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android