コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋物 ふくろもの

5件 の用語解説(袋物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袋物
ふくろもの

種々の品物を入れて携帯,運搬する袋状の用具の総称。手下げ,買物袋,紙入れ,筥迫 (はこせこ) ,印籠 (いんろう) ,鼻紙袋,たばこ入れ,火打袋,香袋,守り袋など。西洋風のものではハンドバッグ,オペラバッグボストンバッグなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくろ‐もの【袋物】


紙入れタバコ入れ手提げなど袋状の入れ物の総称。
㋑茶道具を包む布製の袋。仕服(しふく)大津袋など。
袋に入れた品物。「袋物の菓子」
壺や徳利(とくり)などのように、胴がふくらんでいて口が狭い形の陶磁器

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふくろもの【袋物】

物を納める袋状の道具。布,皮革,ビニル,紙類でつくられ,また編物や組物製のものもある。使用の状態により携行袋,保存袋,使用袋に大別される。携行袋にはハンドバッグ,買物袋,紙幣入れ,貨幣入れ,名刺入れ,鏡入れ,紙入れ,タバコ入れ,その他さげ袋類がある。保存袋には茶器入れ,武具入れ,調度品入れ,楽器入れなどがある。使用袋のおもなものは漉袋(こしぶくろ)類である。袋物はわれわれの日常生活に深くつながるため,食糧,衣服,器財,燧(火打)袋,武具などを納めるために用いたものが最も古い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふくろもの【袋物】

袋状の入れ物。紙入れ・がま口・手提げなど。
袋に入れた物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袋物
ふくろもの

袋の形をした物入れの総称。品物を袋の中に収めたり、携行したり、保存、整理するのに用いられ、皮革、紙、布、合成繊維などでつくられている。袋物は人類の発生とともに発達し、その生活の変化によって、さまざまな変化を遂げている。袋物の形態は、わが国では古墳時代人物埴輪(はにわ)のなかに、腰提げ物として登場してくるのがもっとも古く、おそらく発火器としての火打石の袋であろう。
 袋物を用途別に大きく分けると、保存用の物としては、衣服類を入れる上刺(うわざし)袋と、宮中に仕えている人たちが宿直(とのい)をする際に用いた殿居(とのい)(宿直)袋、また食料を入れる餌(え)袋、楽器を入れる楽器袋、武器を収める太刀(たち)袋、あるいは茶道具を収める仕覆(しふく)がある。携行する袋には、巾着(きんちゃく)、火打袋、財布、紙入れ、たばこ入れ、胴乱、守り袋、匂(にお)い袋、香袋、背負い袋などが古くからあった。欧米文化が輸入されてからは、手提げ袋、買い物袋、ショルダー類が盛んに用いられることとなった。また懐中袋として発生した鼻紙袋が、のち三徳(さんとく)、箱迫(はこせこ)となり、また財布より使いやすい早道(はやみち)という銭入れが考案された。また守り袋は平安時代以来懸守(かけまもり)という首にかけて用いたものが、後世になると腰提げ物へと変わった。
 これらの袋物には、皮革に始まって、布帛(ふはく)類、高級な織物類が材料として用いられた。皮革は鹿(しか)のなめし革が多い。高級織物は中国からもたらされた金襴(きんらん)、緞子(どんす)、錦(にしき)類の名物裂(めいぶつぎれ)、それを模して京都西陣でつくった織物、のちには羅紗(らしゃ)に吉祥模様を五彩の糸で刺したもの、あるいはアップリケにしたり、絽刺(ろざし)、佐賀錦などでもつくられた。明治以降、ワニ、トカゲ、ビーズ、スパングル、ミノムシの蓑(みの)、さらに人造絹糸、人造皮革など化学合成物も利用される。
 また袋物の特色はその留具にある。古くから用いられたものは組紐(くみひも)で、その結び方にも、いろいろのくふうが凝らされた。皮革類の場合は、その特色があまりみられない。腰提げの場合は根付けが唐木や牙(げ)でつくられ、りっぱな工芸品となっている。また金、銀、赤銅(しゃくどう)、四分一(しぶいち)を使っての精緻(せいち)な作品、明治以降は口金(くちがね)に種々のくふうが行われ、わが国独自の落ち着いた、しっとりとしたものがつくられ、今日に至っている。これとは反対に、山村・農村・漁村の袋物は、身辺にある藁(わら)、樹皮、木綿、麻などの材料を使い、なかにはこれに刺し物を加えて、こぎん、菱刺(ひしざし)にしたり、ねじ袋仕立てにして用いた。[遠藤 武]

現代の袋物

実用と装飾を兼ねた鞄(かばん)、ハンドバッグ、装飾性の強いポーチ類をはじめ、実用的なものには、各種の用具袋、道具袋、運搬袋(カメラバッグ、スポーツバッグ、アタッシェケース、ナップザック、トートバッグなど)と保存袋(ガーメントバッグ、アクセサリーケースなど)がある。今日的なものとして、軽量で使い捨て自在の紙袋、紙やビニル製のショッピングバッグ、携行の便宜を図って底に脚輪をつけたキャスターバッグ、防虫・防湿のほか脱酸素作用のある特殊フィルム製の毛皮用保管収納袋などが注目される。[平野裕子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袋物の関連キーワード代納ビニルビニル基宝蔵人造皮革ビニール袋ビニール盤塩化ビニルモノマービニる

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

袋物の関連情報