コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花園環伎(読み)はなぞの たまき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花園環伎 はなぞの-たまき

1905-1982 大正-昭和時代の舞踊家。
明治38年生まれ。正岡容(いるる)の妻。浅草の踊り子,芸者ののち日本舞踊花園流をおこし初代家元。芸者時代に「芸妓通」をあらわし,当時の女権論者や教育者の反動性を批判した。昭和57年7月4日死去。77歳。東京出身。東京女子薬学校中退。本名は直(なお)。芸者名は歌子。著作に「明治文化研究資料一覧」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android