コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花摘み ハナツミ

デジタル大辞泉の解説

はな‐つみ【花摘み】

野原などで草花を摘み取ること。また、その人。
昔、比叡山戒壇堂で仏生会が行われる4月8日に、この日を限って登山を許された女人が坂本の花摘堂に詣でた行事。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はなつみ【花摘み】

( 名 ) スル
野辺の草花を摘み取ること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

花摘みの関連キーワード館山ファミリーパークギリシア詞華集千葉県南房総市平岩弓枝無名草子大原御幸野原草花野辺千倉

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花摘みの関連情報