コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏生会 ブッショウエ

デジタル大辞泉の解説

ぶっしょう‐え〔ブツシヤウヱ〕【仏生会】

仏生日に行われる法会。降誕(ごうたん)会。灌仏会(かんぶつえ)。 春》「手つだひの肌ぬぎ寒し―/浪花」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっしょうえ【仏生会】

四月八日、釈迦誕生の日に行う法会。灌仏会かんぶつえ[季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仏生会の言及

【灌仏会】より

…釈迦が誕生したといわれる4月8日,すべての仏寺で行われる法会であり,日本では花御堂の中央におく水盤の中で,小さい金銅の誕生仏の像の頭上に甘茶を灌(そそ)ぐ祭りをいう。古くは,仏生会(ぶつしようえ),仏誕,降誕会,浴仏斎,竜華会(りゆうげえ)などの名があるが,今では,民族のちがいを超えて国際化し,世界各地の仏教徒がこれに参加する。元来は,インド仏教徒のあいだに,釈迦の誕生に関する奇瑞を伝えて,九竜が天より下って香水でその身を灌浴し,地下より蓮花がわき出て足を支えたとし,また釈迦は四方に周行すること7歩,左手をあげて天を指し,右手を下げて地を指し,天上天下唯我独尊と叫んだという,いわゆる八相成道(はちそうじようどう)の説があって,早くこれを仏教徒共同の祭りとする風が生じた。…

※「仏生会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仏生会の関連キーワード釈迦誕生日〈仏誕節〉灌仏会・潅仏会四十八体仏仏教行事舎利礼文花摘み花祭り誕生会誕生仏団子講式生日卯月

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android