花洛・華洛(読み)からく

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐らく クヮ‥【花洛・華洛】

〘名〙 。にぎやかな都。また、京都の称。《季・春》
※小右記‐永延元年(987)正月九日「払暁従梨原庄華洛
※浮世草子・武道伝来記(1687)一「我此たび花洛(クラク)の帝都を見はじめの見おさめなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android