コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武道伝来記 ぶどうでんらいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武道伝来記
ぶどうでんらいき

浮世草子井原西鶴作。8巻8冊。貞享4 (1687) 年刊。「諸国敵討」と角書がある。武家社会の道徳的一習俗であるかたき討ちを 32話にわたって記したもの。武家物の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶどうでんらいき〔ブダウデンライキ〕【武道伝来記】

浮世草子。8巻。井原西鶴作。貞享4年(1687)刊。諸国の敵討ち32話を集めたもの。
海音寺潮五郎の歴史小説。昭和11年(1936)発表。同年、「天正女合戦」とともに第3回直木賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

武道伝来記【ぶどうでんらいき】

井原西鶴作の浮世草子。武家物。1687年刊。8巻8冊。室町時代から江戸初期にかけての諸国の敵討(かたきうち)話,32話。実説をふまえているものも,先行作品に拠っているものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

武道伝来記

海音寺潮五郎の歴史小説。1941年刊行。『天正女合戦』他とあわせ第3回直木賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶどうでんらいき【武道伝来記】

浮世草子。井原西鶴著。1687年(貞享4)刊。8巻8冊。短編小説集で32話を載せる。室町時から江戸初期にかけての敵討という設定で西鶴が創作したもの。〈諸国敵討〉と副題があって,舞台は日本全国にわたる。その中には〈野机(のづくえ)の煙くらべ〉(八の1)の最初の部分が1672年(寛文12)の江戸浄瑠璃坂の敵討に拠ったように,実説をふまえたものもあり,また,同章後半が仮名草子大倭(やまと)二十四孝》の〈あきみち〉の章に拠っているように,先行作品を利用したものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶどうでんらいき【武道伝来記】

浮世草子。八巻。井原西鶴作。1687年刊。敵討ちをテーマとして武士の悲劇を描いた三二の短編を集める。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武道伝来記
ぶどうでんらいき

井原西鶴(さいかく)の浮世草子。1687年(貞享4)4月、江戸・万屋(よろずや)清兵衛、大坂・岡田三郎右衛門より刊行。八巻八冊。副題に「諸国敵討(かたきうち)」とあるように、北は奥州福島、南は薩摩(さつま)に及ぶ復讐譚(ふくしゅうたん)32話を集めたものである。巻七の二と巻八の一は、1672年(寛文12)2月の江戸・市谷浄瑠璃(じょうるり)坂の奥平源八の敵討、巻八の一は、1639年(寛永16)7月の京都四条河原における曽我(そが)九之助の敵討、巻八の四は、1634年(寛永11)11月の伊賀・上野での渡辺数馬・荒木又右衛門の敵討というふうにモデル事件を指摘することができる。ふとした事件がきっかけとなって起こる、討つ者と討たれる者との転変たる運命の物語を描き、武家物の新領域を開拓した作品である。[浅野 晃]
『横山重・前田金五郎校注『武道伝来記』(岩波文庫) ▽麻生磯次・冨士昭雄訳注『対訳西鶴全集7 武道伝来記』(1978・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

武道伝来記の関連キーワード有り合わせる・在り合わせる・有り合せる・在り合せる締まる・閉まる・締る・閉る差す・射す・点す・止す取り上げる・取上げる井原西鶴(年譜)後付け・跡付けあられ(霰)身代有り付く反りを打つ工夫に落つ付け出だすタバコ切り引け・退け廃忘・敗亡出来出頭まざまざ仕置き者一夜切り麻生磯次御手医者

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android