コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花稲 ハナシネ

デジタル大辞泉の解説

はな‐しね【花稲】

神に供えるため米を紙に包み、木の枝などに結びつけたもの。
「山桜吉野詣での―を尋ねん人の袖に包まん」〈夫木・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はなしね【花稲】

神に供えるため、米を紙に包み木の枝などに結びつけたもの。 「山桜吉野まうでの-を尋ねむ人のかてに包まむ/聞書集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android