芳香療法(読み)ほうこうりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳香療法
ほうこうりょうほう

植物の芳香や薬効成分を利用し心身の治癒をはかる療法アロマテラピーともいう。香水や日本古来の香道などを連想しがちであるが,ヨーロッパでは精油を用いる。古代エジプトですでに香料を用いた療法があったが,一つの独立した治療分野として確立されたのは比較的最近のこと。その先駆者の一人がフランスの香料化学者ルネ=モリス・ガトフォセで,精油が皮膚疾患に効くことを見出した。「アロマテラピー」ということばも,1920年代にガトフォセによってつくられたものである。その後,フランスのマルグリット・モーリーと医師ジャン・バルネが,この療法の発展に大きな貢献をした。モーリーは精油を外用してマッサージに使い,バルネは経口剤として精油を処方する方法を用いている。森林浴や,香りを加味した入浴剤の使用も,広い意味で芳香療法に入るものといえる。また美容の分野でも注目が高まっており,エステティックサロンで薬草の香りとスチームを併用する療法もよく用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芳香療法の関連情報