コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳香療法 ほうこうりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳香療法
ほうこうりょうほう

植物の芳香や薬効成分を利用し心身の治癒をはかる療法アロマテラピーともいう。香水や日本古来の香道などを連想しがちであるが,ヨーロッパでは精油を用いる。古代エジプトですでに香料を用いた療法があったが,一つの独立した治療分野として確立されたのは比較的最近のこと。その先駆者の一人がフランスの香料化学者ルネ=モリス・ガトフォセで,精油が皮膚疾患に効くことを見出した。「アロマテラピー」ということばも,1920年代にガトフォセによってつくられたものである。その後,フランスのマルグリット・モーリーと医師ジャン・バルネが,この療法の発展に大きな貢献をした。モーリーは精油を外用してマッサージに使い,バルネは経口剤として精油を処方する方法を用いている。森林浴や,香りを加味した入浴剤の使用も,広い意味で芳香療法に入るものといえる。また美容の分野でも注目が高まっており,エステティックサロンで薬草の香りとスチームを併用する療法もよく用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

芳香療法【ほうこうりょうほう】

アロマセラピー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

芳香療法の関連キーワードハーブ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芳香療法の関連情報