コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術家の生涯

デジタル大辞泉プラスの解説

芸術家の生涯

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世の管弦楽のためのワルツ(1867)。原題《Künstlerleben》。『芸術家の生活』とも呼ばれる。シュトラウスが理想とする芸術家の生涯を表現しているといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

げいじゅつかのしょうがい〔ゲイジユツカのシヤウガイ〕【芸術家の生涯】

《原題、〈ドイツ〉Künstlerleben》⇒芸術家の生活

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

芸術家の生涯の関連キーワードラッセル(Ken Russell)シュトラウス(子)オリガ フォルシベルリオーズオーストリアカッソーラ幻想交響曲フォルシ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android