コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術家の生涯

デジタル大辞泉プラスの解説

芸術家の生涯

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世の管弦楽のためのワルツ(1867)。原題《Künstlerleben》。『芸術家の生活』とも呼ばれる。シュトラウスが理想とする芸術家の生涯を表現しているといわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

げいじゅつかのしょうがい〔ゲイジユツカのシヤウガイ〕【芸術家の生涯】

《原題、〈ドイツ〉Künstlerleben》⇒芸術家の生活

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

芸術家の生涯の関連キーワードラッセル(Ken Russell)シュトラウス(子)オリガ フォルシベルリオーズオーストリアカッソーラ幻想交響曲フォルシ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android