コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗忌(み) ナエイミ

デジタル大辞泉の解説

なえ‐いみ〔なへ‐〕【苗忌(み)】

種まき後、を取ることを忌む期間関東では42日間とする。42日目・49日目など特定の1日だけとする所も多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の苗忌(み)の言及

【田植】より

…田植の日取りも干支で決めるなどさまざまな伝承があるが,なかには田植を忌む日もある。とくに播種(はしゆ)から33日目や49日目を苗厄(なえやく)とか苗忌(なえいみ)などといい,この期間は苗を手にすることを忌み,田植をしない習俗はよく知られており,関東では苗が産屋(うぶや)にかかっている期間などという。また特定の日に田植することを禁忌する例も広くみられる。…

※「苗忌(み)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

苗忌(み)の関連キーワード苗印

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android