コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗立枯病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

苗立枯病(トウモロコシ)

出芽時に多湿条件にあうと苗が枯死する糸状菌病。種子が感染して出芽しないこともあるが、出芽後3ー4葉時に苗が萎凋枯死することが多い。葉は初め灰色のすじが入ったようになり、この時根は完全に褐変し、表面は菌糸に覆われる。病原菌にはピシウムとフザリウムがあり、ピシウムは低温時に、フザリウムは高温時に発生することが多い。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

苗立枯病(トウモロコシ)の関連キーワードメチルブロマイド種子消毒葉腐病立枯病むれ苗出芽焼土

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android