コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若竹汁 ワカタケジル

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

わかたけじる【若竹汁】

春の新わかめと新竹の子の吸い物。木の芽を吸い口にして、季節感を出す。◇「若竹椀」ともいう。新わかめと新竹の子は古くから相性がよいといわれ、典型的な出合い物とされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

わかたけじる【若竹汁】

ワカメとタケノコのすまし汁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の若竹汁の言及

【筍】より

…そのため,調理にあたってはまずゆでてあく抜きすることが多い。料理としては,ワカメとともに炊き合わせる若竹煮,それをすまし汁仕立てにする若竹汁,木の芽(きのめ)みそであえる木の芽あえなどのほか,すしやまぜ飯の具,てんぷらなどにもされる。中国料理でもいため煮やあんかけに多用される。…

※「若竹汁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若竹汁の関連情報