コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦土石灰 くどせっかい

2件 の用語解説(苦土石灰の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

くどせっかい【苦土石灰】

ドロマイトまたはドロマイト質石灰岩を焙焼してつくる石灰肥料。アルカリ分が多く、マグネシウムを含む。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苦土石灰
くどせっかい

マグネシウム分(苦土分)をク溶性(クエン酸可溶性)マグネシウムとして3.5%以上含有する石灰質肥料をいう。苦土炭酸石灰、苦土生石灰、苦土消石灰の3種類があるが、普通、苦土石灰というと苦土消石灰をさす。ドロマイトまたはドロマイト質石灰岩を原料として製造される。土壌の酸性調節、有機物の分解促進に効果があり、土壌改良材の一種である。マグネシウム欠乏地帯での施用効果は大きい。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の苦土石灰の言及

【石灰肥料】より

… 各種石灰肥料の原料となる石灰岩やドロマイトは日本で豊富に産出する。主要な石灰肥料には生石灰,消石灰,炭酸カルシウム,苦土石灰や他の産業の副生物として生産される副産石灰がある。生石灰は石灰岩をコークスとともに900~1000℃で焙焼(ばいしよう)して製造するが,その主成分は酸化カルシウムCaOで,アルカリ分は80%以上含有される。…

※「苦土石灰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

苦土石灰の関連情報