コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰質肥料 せっかいしつひりょう liming materials

2件 の用語解説(石灰質肥料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰質肥料
せっかいしつひりょう
liming materials

カルシウムを主成分とした肥料。カルシウムは炭素,水素,窒素,マグネシウムとともに植物の生長に必要な元素であり,施用量も多く,特殊成分肥料として重視されている。生石灰消石灰炭酸カルシウム肥料,副産石灰の種類がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石灰質肥料
せっかいしつひりょう

カルシウムを主成分とする肥料をいう。作物の栄養源としてもたいせつであるが、主として日本に多い酸性土壌の中和剤として用いられている。炭酸カルシウム、生石灰、消石灰のようなカルシウム塩と、苦土炭カル(ドロマイト)、苦土石灰のようなマグネシウムをあわせて含むもの、カーバイド(かす)など工業的に副生するもの、カルシウム塩を主体とする配合肥料などがある。いずれも塩基性肥料である。広義にはカルシウムを含む肥料は石灰質肥料であるが、石灰窒素、過リン酸石灰などはいずれも窒素肥料、リン酸肥料に属し、石灰質肥料とはよばない。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石灰質肥料の関連キーワード硫化カルシウム燐酸カルシウムカルシウム拮抗薬カルシウム石鹸ザ・カルシウム毎日カルシウムカルシウム出納カルシウム代謝シュウ酸カルシウム低カルシウム血

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石灰質肥料の関連情報