コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰質肥料 せっかいしつひりょうliming materials

2件 の用語解説(石灰質肥料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰質肥料
せっかいしつひりょう
liming materials

カルシウムを主成分とした肥料。カルシウムは炭素,水素,窒素,マグネシウムとともに植物の生長に必要な元素であり,施用量も多く,特殊成分肥料として重視されている。生石灰消石灰炭酸カルシウム肥料,副産石灰の種類がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石灰質肥料
せっかいしつひりょう

カルシウムを主成分とする肥料をいう。作物の栄養源としてもたいせつであるが、主として日本に多い酸性土壌の中和剤として用いられている。炭酸カルシウム、生石灰、消石灰のようなカルシウム塩と、苦土炭カル(ドロマイト)、苦土石灰のようなマグネシウムをあわせて含むもの、カーバイド(かす)など工業的に副生するもの、カルシウム塩を主体とする配合肥料などがある。いずれも塩基性肥料である。広義にはカルシウムを含む肥料は石灰質肥料であるが、石灰窒素、過リン酸石灰などはいずれも窒素肥料、リン酸肥料に属し、石灰質肥料とはよばない。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石灰質肥料の関連情報