コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰質肥料 せっかいしつひりょうliming materials

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰質肥料
せっかいしつひりょう
liming materials

カルシウムを主成分とした肥料カルシウムは炭素,水素,窒素,マグネシウムとともに植物の生長に必要な元素であり,施用量も多く,特殊成分肥料として重視されている。生石灰消石灰炭酸カルシウム肥料,副産石灰の種類がある。土壌酸性の矯正を主要目的とし,また微生物の繁殖,有機物の分解,土壌団粒構造の発達を促すためにも使用される。水田での緑肥すき込みの際の分解促進には欠くことのできないもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石灰質肥料
せっかいしつひりょう

カルシウムを主成分とする肥料をいう。作物の栄養源としてもたいせつであるが、主として日本に多い酸性土壌の中和剤として用いられている。炭酸カルシウム、生石灰、消石灰のようなカルシウム塩と、苦土炭カル(ドロマイト)、苦土石灰のようなマグネシウムをあわせて含むもの、カーバイド滓(かす)など工業的に副生するもの、カルシウム塩を主体とする配合肥料などがある。いずれも塩基性肥料である。広義にはカルシウムを含む肥料は石灰質肥料であるが、石灰窒素、過リン酸石灰などはいずれも窒素肥料、リン酸肥料に属し、石灰質肥料とはよばない。[小山雄生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石灰質肥料の関連キーワードアルカリ性肥料土壌改良資材耕土培養土壌改良石灰肥料

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android