コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦界十年 くがいじゅうねん

大辞林 第三版の解説

くがいじゅうねん【苦界十年】

〔江戸時代、遊女の年季は10年以内とされていたのでいう〕
遊女勤めをすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の苦界十年の言及

【苦界】より

…〈苦界とは見えぬ廓(くるわ)の夕景色〉(《柳多留》72)。江戸時代では奉公契約の年限は最長10年,遊女奉公も同じで〈苦界十年〉という語が生まれる。例,〈親のためとて色里(いろざと)にくがい十年と定め〉(浄瑠璃《暦》)。…

※「苦界十年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

苦界十年の関連キーワード江戸時代苦界年季遊女

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android