コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎割病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

茎割病(アカクローバ)

主にアカクローバの葉柄、茎、花軸に発生する糸状菌病。病斑黒褐色紡錘形、長さ1-3cmで、しばしば陥没して中央部から裂け、その部分から葉などが垂れ下がることが多い。病原菌は冷涼多湿条件を好み、主に北海道で春および秋に発生する。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android